夏休みの上手な過ごし方について

学生たちにとって、夏休みは大いに楽しみな時期だといえるでしょう。まとまった休みを利用して、旅行を楽しむ人もいるかもしれません。また、アルバイトに精をだしてお金を貯める機会とする人もいます。一方で、その両方を上手に楽しむ学生もいるようです。最近の傾向として、都市部にバイト供給先としての飲食店や商業施設が多数あり、彼らにとって働き先を探すことはそれほど難しいことではないといえるようです。求人情報も多様化したことで、比較的簡単に情報収集できることも、アルバイトが学生にとって身近なものになっている理由として挙げられます。貴重な夏休み期間、文字通り汗をかいて働いて稼ぐことの重要性を認識し、お金の大事さを身につけてほしいものです。
しかし、残念ながら最近ブラックと呼ばれる悪質な企業や経営者がこのような学生を利用し、不当な労働環境や条件を強いるケースが相次いでいます。マスコミからの警鐘を見るまでもなく利益優先の企業が陥りやすく、知識や経験が十分でない学生をターゲットにすることが多いのも、まだ事実だといえます。このような企業に利用される学生たちは、結果として貴重な経験の場を苦しいものにしかねません。この問題を防止するためにも、幅広い情報の開示や注意喚起がもっと積極的に行われることが必要です。彼らにとって貴重な夏休みを決してつらい想い出にしないためにも、健全で建設的な経験に結びつけるような取り組みが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です